【活動報告(2022/09/25)】オンラインにて、コントの稽古(3回目)を実施

9/25(日)は、コントのオンライン稽古(3回目)を行いました。


今回は、滋賀県彦根市の中学2年生小林杏花里さんと東京のナツノカモさんをオンラインでつないで、コントの稽古(3回目)を行いました。


まず初めに、台本を最初から最後まで、通しで読んでもらいました。


前回の稽古で確認した”声の使い方”や”間の取り方”を、しっかり意識して読めていました。講師のナツノカモさんも、思わず笑ってしまう場面がたくさんあり、台本の面白いところを伝える読み方ができていて、とても良かったです。

続いて、舞台で表現するために必要な”身体の使い方”・”仕草”の稽古を行いました。


「見ている人の頭の中に、”伝えたい画(イメージ)”を浮かべてもらうには、”どういう演技”をするのが良いのか?」


という観点で、それぞれの場面に合った演技を、講師のナツノカモさんからアドバイスいただきました。


稽古を進める中で、アドバイスをどんどん吸収し、自分なりの演技に昇華できていたので、とても有意義な時間となりました。

次回は、発表会会場の”大津百町館”にて、本番を想定した稽古を行います。


台本を読み解く段階から、表現し伝える段階へとステージが変わっていきますが、この調子で頑張っていってほしいです。