【活動報告(2022/08/18)】大津百町館にて、コントのオンライン稽古(1回目)を実施

8/18(木)は、大津百町館にて、コントのオンライン稽古(1回目)を行いました。


今回は、滋賀県大津市の小学6年生曽根彩衣里さんと東京のナツノカモさんをオンラインでつないで、コントの稽古(1回目)を行いました。


前半は、オリエンテーションを兼ねた面談を行いました。


まず、3つの芸能の中でなぜ”コント”をやろうと思ったのか、というところから、色々な質問に答えてもらいました。初めはコントの話をしていましたが、好みの漫画や好きなTikTokの動画、オンラインゲームの話などなど、いろんな方面に話が広がっていきました。


TikTokのジャンルやゲームのタイトルなど、講師のナツノカモさんが知らない話題についても、丁寧に説明してくれていたのが、印象的でした。


後半は、11月5日(土)発表会で演じてもらうコントの内容について、打ち合わせをしました。


今回、ナツノカモさんがあてがきする(その人に向けて脚本を書く)というスタイルで進めるため、まず最初に、彩衣里さんにはどんな物語が合うのか、ということから考え始めました。そこで、”好きな漫画の設定”を軸に進めればいいのではないか、ということになりました。その後は、どうやって展開していけば面白くなるのか、彩衣里さんの得意なことや性格をどうやって活かしていくか、等をじっくり話し合いました。


ネタ作りの過程で、付き添いで来てくださっていたお母様も知らなかった彩衣里さんの一面が見つかり、とても有意義な時間となりました。

次回の稽古は、ナツノカモさんが書いた台本を一緒に読み合わせする予定です。

11/5(土)発表会まで、楽しみながら、取り組んでいってもらえると嬉しいです。


ちなみに、明日8/19(金)は、小学5年生・中学2年生の落語の稽古がそれぞれスタートします。


明日の活動も、ぜひお楽しみに!